2009年02月28日

通関士の仕事

私たちの暮らしの中では、とても数え切れないほどの外来品が、あふれています。

これらの外来品が日本に入って来る際に、必ず取らなくてはならない手続きがいくつかあります。こうした手続きを行うのが、『通関士』と言われる人たちです。

通関士の仕事内容は、主に「通関手続き」、「通関書類の作成」、「税関に関する手続き」、「不服申し立て」の4つであるとされています。

こうした手続きは、素人にはとてもできるものではなく、専門知識を必要とする業務です。

そして、通関士だけが、これらの書類に「記名・押印」する事を許されています。

このように通関士は、これら専門知識を必要とする業務を行う、貿易のスペシャリストであると言えるでしょう。



posted by マイチ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114958299

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。