2007年03月26日

二胡(胡弓)を弾く 入門講座

日本で「胡弓(こきゅう)」と呼ばれている中国楽器は、数ある胡弓の種類のうちの「二胡(にこ)」という楽器を指していることがほとんど。

バイオリンのように張られた弦を弓でこすって弾く楽器です。その音色はまろやかで優美。

広大な大陸、雄大に流れる大河、中国の豊かな自然に育まれた二胡の音色は、心になつかしい郷愁と感動をもたらしてくれます!

↓↓↓詳細は、こちら ↓↓↓
がくぶんの二胡(胡弓)を弾く 入門講座
posted by マイチ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養を深める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

幸運を呼び込む風水学

中国では二千年前の時代より人の幸運を左右するものは地上の運気で、それを支配しているものは風水であるとされ、今なお良き風水を得ることが幸福・名誉・富・権力・長寿を手にすることに結びつくと考えられています。

現代においても東京都庁の移転、昭和天皇の御陵地選定など、風水の原理が深くしずかに運用されているのです。

↓↓↓ 詳細は、こちら ↓↓↓
がくぶんの幸運を呼び込む風水学
posted by マイチ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養を深める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

吉村作治のエジプト探訪講座

従来にはない新しい視点から古代エジプトに迫ります!
あらゆる文明の中でも人を惹きつけてやまないのがエジプト。

誰もが知っているピラミッドも、いつ・誰が・何のために・どうやって造ったのかとなると、正確には答えられません。

ピラミッドからミイラは発見されず、有名なギザのピラミッドには、まだまだ未発見の空間が存在するなど、多くの謎とロマンに包まれています。

古代エジプト研究の世界的権威・吉村作治先生のわかりやすい解説で、エジプト文明5000年の謎と神秘に迫ります。

↓↓↓ 詳細は、こちら ↓↓↓
がくぶんの吉村作治のエジプト探訪講座
posted by マイチ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養を深める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。